源清田グループ事業内容

安全・安心、そして安定供給できるのは源清田だから

「安全・安心な中国野菜を安定して供給できる」というテーマを実現するために、2005年 中国現地に自社工場を設立し、自社農園、契約農園で栽培された各農産物の生産指導、栽培管理、貯蔵洗浄、残留農薬検査などの一貫した管理体制を地道に整えて参りました。
さらに2012年 現地残留農薬検査センター新ビルが完成し、益々安全を追及し、安全基準を高めたいと考えます。

「新鮮で安全な国産野菜を食べたい」という消費者のニーズに合わせ、当社は国産野菜の各産地において、契約農家と手を結び、生産者と力を合 わせて品質にこだわった野菜作りをしております。
今後の日本の農業再生に貢献し、安全で美味しい国産野菜の生産量拡大を目指していきたいと思っております。

 


社名の由来

~安全・安心の源は清らかな田から~


源清田商事は元々、茨城県で設立した会社です。
利根川を望む広大な平地に豊かな田んぼが広がる 「源清田」という地名があります。
「安全・安心の源は清らかな田から」に由来し、農産物の安全管理・安定供給と
産地とお客様の信頼向上を目的とし名付けました。

 

ロゴマーク

① GENSEIDAの頭文字 『G』のイメージ
② 食の安全 『G』は『口』のイメージ
③ 安全の源 『G』は『田』のイメージ

生鮮シリーズ
水煮シリーズ
有機天津甘栗
国産野菜

ページのトップへ戻る